AGAの新薬とは|女性の薄毛を打開するための方法|食事で変わる

女性の薄毛を打開するための方法|食事で変わる

男の人

AGAの新薬とは

ドラッグ

海外では早くから使用

20代後半からAGAの症状が出始めプロペシアで治療していました。額が薄くなり剃り込みを入れたようになってしまったのです。これはAGAの典型的な症状で、なかには頭頂部が薄くなっていく人もいますいったん症状は治まったので服用をやめていたのですがしばらくしてまた発症してしまったのです。今回もプロペシアを服用していますが、前回と比べて回復が遅いように感じます。人前では何気なくふるまっていても髪が薄いのはかなりのコンプレックスになっているのです。最近友人からAGAの新薬であるザガーロの話を聞きました。ザガーロは2016年に日本で発売されたばかりの薬ですが、海外では早くからAGAの治療薬として使われているそうです。

特に額の薄毛に効果がある

AGAは頭皮にある5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンに影響して発症するようです。プロペシアはこの成分を抑制してAGAを改善する効果があります。5αリダクターゼは1型と2型の二つの種類がありますが、プロペシアは2型だけしか作用しません。ザガーロは1型と2型の両方に作用し、2型の場合はプロペシアの3倍も効果があります。プロペシアより生え際の効果が高いのだそうです。その効き目の高さから海外ではプロペシアより人気のある薬なのだそうです。プロペシアは錠剤ですがザガーロはカプセル状になっています。どちらも飲み方は同じで一日1回服用するだけです。友人の話を聞いて次回からは医師に相談してザガーロに変えてみようかと考えています。