病院で処方可能な薬|女性の薄毛を打開するための方法|食事で変わる

女性の薄毛を打開するための方法|食事で変わる

男の人

病院で処方可能な薬

メディシン

検査で原因を確認する

福岡の病院で処方してもらえる薄毛治療薬としてプロペシアがあり、世界初の飲む発毛剤として注目されています。プロペシアはAGAによる薄毛を発症しているときに治療できる薬ですが、それ以外の薄毛を改善するときには有効ではありません。あくまでも男性ホルモンの影響による薄毛にのみ有効ですので、他の要因によって進んでいる薄毛については別の専門治療が必要になります。自分自身の薄毛がどのような原因で起きているのか調べるために、福岡のAGA治療専門の病院に通うことで検査を受けて調べることがおすすめです。AGAを専門的に扱っている福岡の病院であれば、血液検査や血圧検査、遺伝子検査などの方法が受けられるようになっていますので、AGA以外の薄毛の場合であっても原因を調べることができます。薄毛がAGAのときには、プロペシアやミノキシジルの処方を受けて治療をスタートさせていくことになります。

良い結果の臨床試験がある

海外ではプロペシアの処方を1年間継続した臨床試験があり、改善が見られた人は全体の58%で、薄毛の進行を止める効果が得られた人は全体の98%となりました。このような結果があることから、プロペシアの有効性は高いものと考えられており、福岡で薄毛治療を受けたいときにはプロペシアの処方が可能なAGAクリニックに行くことが良い方法となります。プロペシアは経口タイプの育毛剤ですので、今までのように塗布する必要がありません。錠剤を飲む治療法ということで、携帯することもできるために、好きなタイミングで飲むことが可能です。プロペシアはアメリカの有名医薬品メーカーが製造しているために、高い信頼性があることも人気の理由と言えます。